アートメイク News

アートメーク用麻酔薬などを無許可販売容疑でエステ店の女性経営者を再逮捕

以下は、msn産経ニュースwest(2013年8月13日)からの引用です。

2013.8.13 16:33

「通常では購入できない」アートメーク用麻酔薬などを無許可販売容疑でエステサロンの女性経営者を再逮捕

まゆやアイラインに色素を注入する医療行為「アートメーク」に使用する麻酔薬などを無許可で販売したとして、大阪府警生活環境課は13日、薬事法違反(無許可販売・貯蔵)容疑で、大阪市淀川区塚本、エステ店「マーベラ塚本サロン シィゼン」経営、平野義子容疑者(48)を再逮捕した。

 府警によると、平野容疑者は「通常は購入できない」とうたって、麻酔薬などを市価の倍以上の価格で販売していた。処方箋が必要な医薬品も含まれていることから、府警は平野容疑者が薬局関係者から入手していたとみて捜査している。

 逮捕容疑は平成24年3月〜25年6月、別のエステ店の女性経営者(52)ら2人に、アートメークの施術に使用する麻酔薬「キシロカイン」と抗生物質「エコリシン眼軟膏(なんこう)」の計3本を計1万7300円で無許可販売したほか、眼軟膏7本を販売目的で保管していたとしている。

 平野容疑者は「保管していた眼軟膏は販売するつもりはなかった」と容疑を一部否認しているという。

 

↑ ページのトップへ

Copyright (C) 日本メディカルアートメイク協会 Japan Medical Artmake Association. All rights reserved.: