アートメイク News

アートメーク:無免許美容店を一斉摘発 京都府警

2014年5月8日(木)07:15

 無免許でアートメークやまつげエクステンション(エクステ)を施す美容店について、京都府警が異例の一斉摘発に乗り出したことが捜査関係者への取材で分かった。府警は3月上旬から4月下旬にかけ、京都市内などの約15店舗を相次いで美容師法違反(美容所の無届け)容疑で家宅捜索した。今月中旬までに同法違反や医師法違反(無資格医業)容疑で、各店舗の経営者ら約15人を順次、書類送検する方針だ。

 府警によると、これほど多くの店舗を一斉摘発するのは全国初という。アートメークやまつげエクステは若い女性から中高年まで幅広く人気がある一方、皮膚が化膿(かのう)したり角膜に傷がつくなどの被害が問題化。国民生活センターによると、アートメークの相談件数は2006〜11年度に計121件あり、まつげエクステは12年度に137件、13年度に106件あった。厚生労働省によると、アートメークには医師免許が、まつげエクステには美容師免許が必要とされるが、無免許営業の店舗が各地に広がっている。

 こうした実態を受け、京都府警は情報誌やインターネット上で闇店舗の実態に関して情報収集。診断書が出るような深刻なけがは直接確認できなかったが、「失明などの危険性があり、野放しにできない」として、一斉摘発に乗り出した。今後、医療器具の入手ルートについても解明する。

 こうした闇店舗の摘発は過去に東京や大阪でも単発で行われ、京都府警も昨年10月、医師法違反容疑で自称美容業の女性(59)を逮捕した。【土本匡孝、岡崎英遠、宮川佐知子】

 ◇美容店「特別な資格作って」

 記者は4月中旬、京都府警が家宅捜索した京都市内の美容店に客として入り、実態を聞いた。

 個室で別の美容サービスを受けながら、アートメークについて尋ねると、40代の女性店員は「警察の指導が入り、できなくなりました」と説明した。この店の客層は40代以上が多く、複数の有名女性芸能人も訪れるという。約20年前の開業時から最近まで、医師免許がない店員がアートメークを続けていたといい、価格表には▽唇30万円▽眉ライン上下セット15万円▽まつげエクステ10本3000円から−−などと書かれていた。

 アートメークと入れ墨との違いを尋ねると、「皮膚の浅い部分に色素を入れるので、レーザーでも消えやすい。客もあまり心配していない」と強調。自身の目元を示し、「全部アートメークで、すっぴんです」と誇らしげに語った。

 店員は「美容外科しかできないというのは認識しているが、わざわざアートメークのために医師免許を取るだろうか。アートメーク専門の特別な資格を作ればいい」と主張。「(警察の摘発で)この辺り(京都)ではしばらくアートメークは利用できなくなるのではないか。『やりたければ韓国など海外で』という時代になるかもしれない」と話した。【宮川佐知子】

 【ことば】アートメーク、まつげエクステ

 アートメークは針を使って皮膚に色素を注入し、化粧なしでも眉、唇などの色を保つようにする施術。入れ墨メーク、永久メークなどとも呼ばれる。まつげエクステは人工毛を専用の接着剤でまつげにつけ、ボリュームアップする施術で、3、4週間で付け直すのが一般的。手軽な美容術として人気が高まっている。

2014年5月8日gooニュース

 

↑ ページのトップへ

Copyright (C) 日本メディカルアートメイク協会 Japan Medical Artmake Association. All rights reserved.: