アートメイク News

無資格でアートメーク容疑、京都 1人逮捕、12人書類送検

2014年05月20日(最終更新 2014年05月20日 19時41分)

 針を使い眉を描く「アートメーク」や、専用接着剤で人工毛を付ける「まつげエクステンション」などを無資格、無免許で施術したとして、京都府警生活経済課は20日までに、医師法違反や美容師法違反の疑いで、京都市の美容所経営者らを集中摘発し、1人を逮捕、12人と法人2社を書類送検した。

 逮捕したのは、京都市山科区音羽野田町、美容所経営松本真理子容疑者(47)。逮捕容疑は2011年6月から今年2月ごろ、医師資格や美容師免許を持たずに、女性客2人にアートメークやまつげパーマをした疑い。

 生活経済課によると、松本容疑者は約200人から5千万円以上を売り上げたとみられる。



2014年5月20日西日本新聞経済電子版

 

↑ ページのトップへ

Copyright (C) 日本メディカルアートメイク協会 Japan Medical Artmake Association. All rights reserved.: